上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ユイはお外に出ると興奮してしまって、落ち着きがまったくなくなります。

犬を見れば突進していこうとするし、車・バイク・自転車には飛び掛ろうとして危険です。

人がユイに近づいてきたら足をめがけ低い姿勢で向かっていこうとしてしまいます。

散歩ではジェントルリーダーをしてさらにリードは根元近くを持ち、
私からほとんど離れられない状態にしているためユイには少しの自由はありません。

だから、もう少し外で自由に遊ばせてあげようと思いドッグランへいってきました!
ここのドッグランはドッグトレーナーさんが普段トレーニングで使用していて、
トレーニングで使用しないお昼の時間と夕方の各1時間のみドッグランとして開放してくれています。

この日もトレーニングを終えた数頭のジャックラッセル達が遊んでいたので、ソニカとアビィだけで、ユイは車で待機させていましたが、飼い主さんたちが、「私たち十分遊んだから貸切状態で使ってください」と譲ってくださったのでユイを遊ばせる事ができました~。

CIMG8963.jpg
エッホエッホ~♪
ランの外にはわんちゃんたちがいるので、制御できるようにロングリードは着用しました。

CIMG8962.jpg
それでもいつもよりは解放されています♪
CIMG8964.jpg
ただいま~♪

でも結局すぐ私の所に戻ってきてしまいます。あんまりランの意味なし・・・。

せっかくある程度自由になったのに、ほとんど人の顔を見上げながら横について歩き
やっと離れたと思ったらすぐ帰ってきます。

何度かもうダッシュで、ランの外に居るわんちゃんにガウガウ言いに行きましたが、
呼ぶとダッシュで戻ってきます。

そんなユイの姿を外で見ていた人たちが、
「すご~い」「見てあの集中力」「うちの子にもあれだけ集中力があれば、もっとトレーニング楽なのに」
なんていう会話が聞こえました^m^

自分がほめられてるみたいでうれしい♪
でも、ユイはただ単に独りになると不安になるから離れないんだと思いますがね・・・。

家ではほぼパーフェクト、お外ではもう少しがんばりましょう~、のユイは千葉わんで新しい飼い主さんを探しています。
ユイの事が気になった方は下記のページのユイの詳細をご覧の上お問い合わせください。
http://route326.kir.jp/satooyaboshu_seikenwanko_f.htm

お問い合わせお待ちしております。

~お知らせ~
3月1日(日)、昭和記念公園にて里親会が開催されます。
syowapark3_320x180.jpg
詳細はバナーをクリックするとご覧になれます。
今回ユイの参加はございませんが、私はお手伝いで参加しています。
イベントなどもありますので、お時間ある方はぜひ!
スポンサーサイト
ずいぶん前に一度このテーマでブログを書いたのですが、ちょっと強い口調になってしまったりしていたので一度却下しました。

なぜまた書くことにしたのか?

それは、先日行った動物取扱責任者の講習であるお話を聞いたからです。

消費者センターの方が講師でいらしていて、最近はペットに関しての相談が多くなっている。との事。

その中から様々な実際にあった相談内容などお聞きすることができましたが
正直、頭を傾げてしまう事例も・・・。

たとえば、

犬を購入したが、こんなに手が掛かるとは知らなかった。返えしたいのだがどうしたらよいか?

ペット不可の物件でしたがショップの人にこの犬はおとなしいからペット不可の物件でも
ばれずに飼えますよ。と言われ購入したが、家に連れてきてから吠えてしまって飼えません。
返せばお金は返ってきますか?


こんなに大きくなるとは思わなかったし、ショップの人が教えてくれなかった。飼えなくなってしまったので返金してもらいたい。


トリミングが必要だとは知らなかった。知っていたら買わなかった。ショップに文句を言ったが対応してもらえない。どうしたらよいか。

その他にも動物病院での事やトリミングでの事など様々でしたが一番多い相談やクレームなどは
購入後の事が多いようです。

また、実際こんな事を聞かれた事もあります。
生後8ヶ月のトイプードルを飼っている方に
「お金ばっかりかかってしょうがない。あんまりお金掛けたくないので、掛けない方法教えてください」
教えられるか!て感じですが、これを聞いてきた方は小さなお子さんがいらっしゃるお母さんでした。
なんて答えたかは忘れましたが、たぶんあきれすぎてろくな返事はしなかったと思います。


ここで疑問。

たしかに売る側の責任も大きいですが、なぜ生き物を、決して安くはないお金を払って購入するのに
もっといろいろ調べたり、冷静に検討したりしないのかな?・・・と。


第一に
生き物を飼うと言う事は、まずお金がずっと掛かりつづけます。
当たり前ですが、ごはんをあげなければ死んでしまいますし、病気になったら治療してあげなければいけません。
トリミングなどが必要になる子も居ますし、おうちでお手入れをするにしたってシャンプーなど買うのに
お金が掛かります。
その他にも、イタズラして物を壊してしまうかもしれませんし、大事にしているものを壊されるかもしれません。

第2に
飼い主がちゃんといろいろ教えてあげなければなりません。
はじめから名犬ラッシーや忠犬ハチ公のような子はいません。
育て方を間違えれば、問題行動を引き起こしますし、悪化していけば手に負えなくなることもあります。
犬種によって性質も違いますしその子その子によっても性格が異なりますので、
時には専門家の指導も必要になることもあります。
手に負えなくなったから飼育を放棄するという事は許されることではありません。

第3に
当たり前ですがウンチおしっこもするため、お部屋を汚されてしまうこともあります。
わんこがうんちを踏んで部屋中駆け回ることもありますし、わんこ自身がまみれている可能性もあります。
食糞といって自分の排泄物を食べてしまう子もいます。(ソニカはいまだに食べますよ)

第4に
他の人に迷惑をかけないことも必要です。
飼い主のマナーが悪いと、ご近所トラブルの原因になりかねませんし、飼い主だけではなく飼われているペットまでが悪者になってしまい、最終的にはその飼い主のペットではなく同じ種の動物がすべて嫌になり、エスカレートすると毒団子などで攻撃をされてしまうことも考えられます。

こういう行動をする事は許されませんが、知らずうちに私たち飼い主側が気に障ることをしていた可能性も考えられますので、嫌いな人のことも考え行動する必要があります。


そういったことを含め、もう一度飼えるかどうか検討し判断することは、飼おうとしている人間側にも
飼われようとしている動物達にとってもとても大切なことだと思います。

ショップの人はこれらをすべてお話しするとは思えませんし、きっと知っているものだろうと思っていわない可能性もあります。
またせっかく買おうとしている人にマイナス面を話して購買意欲をなくすような事もしないと思われます。

法律で犬を飼いなさい、生き物を飼いなさいと定められているわけではありませんので
無理して飼う必要はありません。

生き物を育てる上で「こんなはずではなかった」なんて言い訳は通用しません。
飼われるほうは大切にしてもらえるものとみんな思っています。
期待を裏切られ、保健所に収容された子達こそ「こんなはずではなかった」って思っていることでしょう。

生き物を飼うという事は大変ではありますし責任も重大ですが、その分ちゃんとした心構えと予備知識があれば、それほど大変ではないと思います。

そして何より、愛情をもって育ててあげれば、確実に心を豊かにしてくれます。
毎日の生活が明るくなりますし、会話も増えると思います。
一緒に過ごしていくといろんな面を見せてくれ、その子のいろんな魅力に気が付くと思います。
みんな数え切れないほどのすばらしい魅力を持っています。
でもそれを引き出せるか、気が付く事ができるかは飼い主次第だと思います。

だから、自分が家族として迎え入れたのなら、ただ育てるのではなく
その魅力をいかに多く引き出す事ができるか日々心を通わせて欲しいと思います。
もし、今飼った事を後悔してしまっていたら、もう一度その子の魅力を引き出す努力をしてみてください。
きっとまだ気が付いていない魅力がたくさんあると思います。

まずは生き物を育てる上で、知るということ理解するということがとても大切だと思います。

生き物を育てるという事は簡単じゃないけれど、簡単じゃないから面白いし、勉強になるし
だから、楽しいんですよね^^

飼った人がみんな、「飼ってよかった」って思ってもらえれば、保健所に収容される子がもっと減るんだろな。
そんな日が早く来ることを願います。
ゆっちーは5歳とは思えないほど、仔犬のように無邪気に遊びます。

そんなゆっちーのお気に入りのおもちゃは、でかでかコング♪

でかでかコングをくわえて、ソンちゃんに遊ぼうアピール中のゆっちーを動画に撮ったのでご覧くださ~い。


バックにTVとくだねの血液型選手権の音が入ってしまいましたね・・・^^;
この日(18日水曜日)の1位はO型の人でした~♪

ゆっちーはソンちゃんのところにわざとコングを持っていって奪おうとしてほしいのです。
そんでもって取られそうになると「あげないよ~♪」って奪わせないようにするのがゆっちーの遊び方。

でも、ゆっちーがコングで楽しそうに遊んでいても、ソンちゃんもアビちゃんも構ってくれないこともしばしば。
CIMG8960.jpg
ユ:ほらほらあたしのコング取れるものなら取ってみな~♪♪♪
ゆっちー楽しそうだけど、無視されてるよ・・・。

それでも、遊んでいる気でいるのがゆっちーのいいところ^^
(あんまり無視されてるとコングをくわえてアビちゃんの顔に押し当ててくるんですけどね^^;)

ユイは一人遊びも得意なんです。
ソニカとアビは私と一緒に出勤してますから、おうちで一人おりこうさんにお留守番しているユイは一足先に帰宅した母がケージから出してあげると、一人で楽しそうにコングを放り投げて自分で取りに行って、を繰り返しているそうです。

もちろん人が投げてあげても取りに行って持ってきてくれます。
ただ、持久力がないので、すぐ疲れてやめちゃうんですけどね・・・。

ちなみに犬がおもちゃを奪おうとすると渡さないユイですが、人がお気に入りのおもちゃや夢中で齧っているマローボーンなど奪っても怒りません。
えらいな~ほんとに。

お外のお散歩はまだまだ油断できませんが、家の中では仔犬のように無邪気で面白くって、ちゃんという事を聞く、ほんとに手の掛からない子です。

そんなユイは千葉わんで新しい家族を探しています。
ドッグトレーニングなどに興味がある方はユイと暮らせたらおもしろいかと思います。
ユイのことが気になった方はユイのプロフィールが載っているこちらのページをご覧ください。
2009.02.16 1年報告~☆
ブリーダー崩壊現場より救い出されたシェルティーのステラが、我が家を巣立って今日で1年が経ちました~。

ステちゃんァミリーとはよくお会いしてますし、ステちゃんにもよく会っているので
まだ1年しか経っていなかったんだ~って感じです。

昨日、お店に来てくれたのですが、私は里親会でおらず会う事はできませんでした。

千葉わんへの支援物資と私達にはお茶菓子までいただいたようでありがとうございました。
CIMG8951.jpg
頂いた支援物資は必要としている預かりさんへ送ります。とっても助かります。

写真とメールを一部ご紹介いたします。

CAE3HTPG.jpg
来た当初↑
こんなだったのが、4ヶ月で↓こんな表情をするようになって

CAZMY9J3.jpg
最近はこんな感じ
CAKPSL4F.jpg
最近は、夜のお散歩の時は高々と尻尾が上がって、走ろうと誘った りもするんですよ♪
走ったと思ったら、すぐにおトイレ(大)をするんですけどね。(笑)

そして人が少ない時は昼間でも尻尾が上がるようになってきました♪
いつもでは無く、時々ですが。
家族全員と一緒だと上がる確率も高いです♪(^^)

来た当初は、ワンでも無い、キュンでも無いでしたが、最近ではお やつ欲しさに
「ワンは?」って言うと、足でジタバタしてテンションを一生懸命 上げながら「Wan!!」って。
テンションを上げないと吠えられないのがステちゃんらしいんです けどね。(^^)

近所の方にも可愛いし、大人しくてお利口さんと大人気なんですよ♪
他のワンちゃんとはなかなか・・・ですが、最近やっと大人しく 待っていてくれるワンちゃんには
自分で挨拶出来るようになってきました。気にはなるんでしょうね~♪

そして、子供達が学校に行ってる間、ふっと見るとゲージの中では 無く、日向ぼっこしながら
デロ~ンと寝てる事も。(笑)
暑くないのかしらん?と思いながらも、なかなか大胆になってきた な~と思います。(^^)
相変わらず、♀猫の前では小さくなってるんですけどね。(笑)

1年経った記念に、家族で写真を撮りました。

CA3EUHBNb.jpg

CATGALDF.jpg
ちょっとすましてみたり。(笑)
(実は待てと言われて、ちょっと緊張気味~(笑))

来た当初は、意外と大きいな~って感じていたのが、今では寝ころ びながら抱っこするには
なんて最適な大きさなの~と抱き枕してみたり、猫と違ってちゃん と呼べば来るのが無性に可愛かったり、食事の時に当たり前の様に主人のすぐ横に座って、足に顔を乗っけて主人の箸使いをジーッと食い入る様に見る姿に吹き出してしまったり(笑)
見た目の優雅さを台無しにするほどの、食い意地が張ったところが またチャームポイントだよね~と
家族全員で笑いながら、ステラ無しの生活はもう考えられないですね。

感謝の気持ちとして微力なのですが、千葉wanさんへ援助物資 を届けさせてもらいました。

3月1日に昭和記念公園でまた里親会が有るとのこと。
予定が合ったら、参加しようかと思っています。(^^)
それとその頃にまたシャンプーでお邪魔するかと♪(^^)
またお逢いした時にでも・・・。


Iさんご一家、いつもありがとうございます!
これからもステちゃんとニャンコさんたちと楽しい日々をお過ごしください^^
預かりっこ時代、私のストーカーと化していたフーガ。

そんなフーガも新しいおうちが見つかり、我が家を卒業し「アロマ」として新しい生活が始まりました。

最初は落ち着かず困らせたアロマですが、徐々に自分だけをかわいがってもらえる新しい環境を
気に入り今ではすっかり馴染み、のびのび過ごしていると報告を受けてました。

そろそろ会いに行っても平気だろうということで、先日、ようやく会いに行くことがきました~。


どんな顔するかな~?

鳴いて喜ぶでくれるかも?

飛びついてきたりして~♪

なんて若干うきうき気分でアロマちゃんの居る福祉施設に到着~。

職員さんにアロマちゃん元気にしてますよ~♪と声を掛けてもらい
いざ、アロマちゃんとの感動の対面!

「アロマ~♪」と呼ぶ私の声に里親さんと共にアロマちゃんもやってきました。


が、がががが!!!!

なんとアロマちゃん、チラっと私の顔を見て、スタスタスタ~っと奥のお部屋に帰ってしまいました><

え?何あの反応?


あっけにとられていると、里親さんに引きずられながらめんどくさそうに再びアロマちゃん登場。

私のことを思い出したのか、ただの犬好きのお客さんとしか思っていないのかよく分かりませんが、
しかたな~く私に撫でられ、しかたな~くお腹を出してくれたものの、スキあらばお気に入りのソファに寝に帰りそう。

CIMG8910.jpg
ア:あたし、ここで寝てたいのに・・・。

わかったよわかったよ、ソファで寝てていいよ・・・。
CIMG8916.jpg
ア:そう?

CIMG8915.jpg
ア:じゃ~撫でていいよ♪

CIMG8919.jpg
ア:でも・・・

CIMG8921.jpg
ア:あたし絶対に・・・

CIMG8914.jpg
ア:一緒に帰らないからね。

CIMG8920.jpg
ア:ここ離れたくないからね。

分かってるよ!
連れて帰ったりしないから安心しなさいって。

正直、予想外の反応でしたが、結果的にアロマちゃんがこれほどまでにリラックスして
くつろいでいられるおうちを見つけてあげることができて良かったと思いました^^

預かり時代、私に構ってもらおうと必死だったから、「ここはあなたのおうちではないよ。でもうちよりいいおうちをみつけてあげるから」と言い聞かせ、あえて私はアロマちゃんとの距離を置いていました。

だから、結果的に1頭飼いで可愛がってもらえて、留守番もなくて、たくさんの人に可愛がってもらえる今の環境から比べると、もう我が家には帰りたくないと思ってくれたのだとおもいます。

まぁ何はともあれ幸せに暮らしている、満足そうな顔をしたアロマちゃんに会えてよかったです^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。