上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気がつけば、もう4か月も我が家にいるビュート。

あんまり手がかからないし、最初からすんなり我が家になじんでいるので
預かりっ子だということを忘れてしまいそうですが、一応預かりっ子です。

見た目も良し、性格も良し、健康状態も良しの三拍子そろっているのに
なぜかご縁がない・・・。

う~ん、なんでだろう・・・。

もしや、ビュートの様子が伝わりきれていない?!

CIMG9866.jpg
ビ:あはは~♪それじゃだめじゃん

ハイ、すいません^^;
実は先日いぬ親会に参加していましたが、やっぱりご縁はありませんでした。

じゃ~改めまして、ビュートのことをお伝えします。

え~っとビューは一言で言うと・・・「う~ん・・・よくわからない子です^^;」

良い子は良い子だし、おとなしくて手がかからないのですが
それは昼間の様子で、夕方から活動スイッチがONになり
人に遊ぼう遊ぼう!アビに遊ぼう遊ぼう!ソニカに遊ぼう遊ぼう!
ワンワン!キャンキャン!高い声で吠え、走りまわったり、おもちゃの取り合いしたり。
夜寝るまで元気に動き回ってます^^;

だけど昼間はず~っとこんな感じ
CIMG9883.jpg
陽だまりでソニカとのんびり中
ビ:気持ちよか~

CIMG9897.jpg
部屋の隅っこで爆睡中
ビ:ぐ~すかぴ~
(冷蔵庫の下の引き出しを開けても置きません。引き出しを開けると無理やり動かされていますが
ビュートは気にせず寝たままです・・・。)

昼と夜では犬が違うんじゃないかと言うくらい違うので、何ともよくわからないのです。
ほとんどの人は、昼間のビューしか知らないので、暗い子・おとなしい子・年寄り?と
思われていると思います^^;
たぶん、夜活動しているビュートを見たらびっくりされるんじゃないかと思います。
それくらい犬が違います。

人に対しても基本的に子供以外は友好的なのですが、社交的とは言えません。
知らない人に声を掛けられ、手を出されれば近づいてなでられますが、無表情です^^;
尻尾も振っているか振っていないかわからない程度。

何度も会っている人に対しても、体全部で喜びを表したりすることはなく
尻尾を振って自ら近づいて行く程度・・・。
ただ、家の人間に対しては、アビとソニカと同じようにビョンビョンはねて喜びはじけます。
そこは普通のわんこですね。
CIMG9858.jpg

人が何をしても怒ったことも唸ったこともない穏やか~な性格ですが
子供には近づいてくるとひそかに唸ったり、ワンワン吠えて来るな!といいます。
子供のことは怖いみたいですね。
CIMG9898.jpg
子供以外ならマズルを持ったり、鼻をつまんだり(かわいそうですね)、
歯茎をゴリゴリ(やる意味ないよね)してもじ~っとしています。

ビ:かまってもらうの好き~♪

ビュートのマズルは太いし、鼻も大きいので意味もなくいじりたくなります。

でも、大きいお口を持っているのに・・・。ご飯を食べるのはちょ~遅い。

おやつにもらった蒸かしたさつまいもを一口大に切ってあげているのに
さらに小さく崩し、前歯でちまちまかじって、時間をかけていただきます。
蒸かしているから柔らかいのに、なんでそんなに時間かかるの???

ちなみに、アビちゃんは「食べたの?」と思うくらい一瞬で消えます。
CIMG9901_20090929165350.jpg
ビ:さつまいも、うまうまです。

犬に対しては、ソニカとアビのように毎日一緒にいる子となら仲良くなれるし
良く遊びますが、一緒に暮らしていないわんことはかなりの回数合わないと遊べません・・・。

最近ようやく、おかもとさんの預かりっ子ゾフィーちゃんと遊ぶようになりました。
ゾフィーちゃんとは何度お会いしたことか・・・。

まぁ、争いごともしないし、トイレも外・中どちらもOKでほとんど足あげないし
わがままも言わないので、ほんとに飼いやすい子だと思います。

ビュートは、おとなし面と子犬のようにはしゃぐ面のある
「1粒で2度おいしい」って感じのわんこですかね。


CIMG9900.jpg
ビ:ぼく、毛が抜けてふわふわじゃなくなっちゃったけど・・・

また冬になれば毛が増えるよ、きっと。
栄養状態が悪かったんだからしょうがないよ~。

でもふわふわなビュートも、スムース状態のビュートも、ビュートはビュート。
見た目じゃなくて、中身のビュートを大切にしてくれる人がいるから、
のんびり待とうね。

CIMG9889.jpg
ビ:じゃ~寝て待ってよ~っと

ビュートらしいね^^;
スポンサーサイト
23日、ニュースジャパンで愛護センターの様子が放送されました。

私は知らなかったので見ていませんでしたが、
友達が「ガス室に送られて苦しんでいる姿まで映ってて、もう見てられなかった」と。

これを見て、安楽死と言えるでしょうか?

必死に出ようともがき、苦しみ、死ぬまでに要する時間がどれほど壮絶なものか・・・。
心臓をわしづかみされる思いでした。

辛い映像ですが、現実を知ってもらいたいと思います。
殺処分現場を見る

実は昨日、我が家の愛猫の勇太が14歳と10ヶ月で息を引き取りました。
プライドが高く頑固者のおじいちゃん猫でしたが、心臓が止まるその瞬間まで手を当て看取りました。
もっと早く治療すればもっと長く生きていられたかもしれませんが、勇太の性格では具合が悪くならないとまともな治療ができないのと、勇太がそれを望んでいないような気がしたので、ギリギリまで様子を見てました。

いよいよ食欲がなくなり、検査したときにはもう生きているのがおかしなほどの数値でしたが
治療すると状態が良くなり、辛いはずなのにあえて元気にふるまえっていた勇太。

最期は立つ力もないのに、這いずってトイレをしたり、自分で水を飲んだり、
勇太のプライドが最期まで、「自分はまだまだ大丈夫、助けなんていらんよ」
そう言っているかのように、あえて頑張っていた勇太。

最期の最後は、勇太の排泄のお手伝いをさせてもらいましたが、その後息を引き取りました。

CIMG9882.jpg
亡くなる3日前の勇太
CIMG9864.jpg
亡くなる1週間前の勇太
ソニカがいつも気にかけ面倒見てくれました。
CIMG9887.jpg
亡くなる数時間前の様子。
もう、動く力がないのにソニカが舐めると、顔を上げくすぐったそうに前足を動かしてました。
嫌がっていたのかもしれませんが、勇太は嬉しかったと思います。

そんなことがあった日に、命を軽く見た人間たちの犠牲になっているもようが放送されたと知って
いたたまれない気持ちになりました。

どうしてなんでしょう・・・。人間と変わらない命なのに、あんな最期を迎えなきゃいけないなんて。
ボタンを押す職員さんの気持ちを考えると・・・。
せめて、ガス室での動物たちの映像を見てから捨てるかどうか判断させることは
できないんでしょうかね・・・。


はぁ・・・。
我が家に来た当初はふわふわのシロクマ状態のビュートでしたがCIMG9342_20090910121841.jpg

今はこんなに貧相になっています^^
CIMG9851.jpg

カットしたわけではなく、毛が抜け続けてこうなりました。
皮膚病にはなっていませんが皮膚も赤くなりやすく、よく掻いているので
肌は弱いようです・・・。

ここでわんこの被毛についてお話します。
(科学的根拠があるわけではないので参考までにしてください)

犬の皮膚は角質層が人間の約半分。だからダメージにも弱いのです。
その分を全身を覆っている被毛が皮膚を保護してくれているので、
安易に短くするのではなく、抜け毛の時期はブラッシングなどのケアで
補ってほしいと思います。

なぜ、短くしないほうがいいのか。

オーバーコート(外側の固い被毛)は切ってしまうと伸びるまで時間がかかり
場合によっては伸びずにアンダーコート(内側の柔らかい被毛)ばかり増えて
オーバーコートが抜け落ちてしまうこともあります。

なぜ、そんな状態になってしまうのか。

おもに抜けている毛はアンダーコート。
抜けてもすぐ生えるので、アンダーコートは植物に例えると雑草のようなもので
オーバーコートは観葉植物のようなもの。

雑草は切ったぐらいじゃ枯れないし抜かなきゃどんどん増えて、抜いてもまたすぐに生えてきます。
雑草が増えすぎると観葉植物にいきわたらせるはずの栄養を雑草に吸い取られ枯らしてしまいます。

一方、観葉植物は変なところをに切ってしまったり、ちょっとしたダメージで
伸びてこなくなったり枯れてしまいますよね?

それと同じで、犬の被毛もダメージを受けたオーバーコート(観葉植物)は伸び悩み
時には生えてこなくなってしまうことも。
しかし、ダメージに強いアンダーコート(雑草)は増える一方。
アンダーコートがどんどん増えるとオーバーコートの成長を妨げ、オーバーコートは毛切れを起こしたり
抜け落ちてしまったりして、少なくなってしまい、本来あまり見えるはずのないアンダーコートばかりが
目立ち、見た目も皮膚の状態も悪くなってしまうのです。


プードルやマルチーズなどカットをよくしている犬種も短くしすぎると毛質が変わることはありますが
本来アンダーコートが生えない犬種で、全身の毛が長く伸びる犬種なのでカットしても
伸びなくなるということはありません(ただ高齢になると伸びが遅くなりますが)
むしろ定期的にカットをしてきれいにしなければ、生活するのに支障をきたす犬種ですので
家でブラッシングをしつつ定期的にカットをしてあげてください。

カットをお勧めしな子は下記のような子です。
・毛は一定の長さまでしか伸びない
・アンダーコートの量が多く、アンダーコートとオーバーコートの質感が似ている
・アンダーコートを抜いてもすぐに増えてしまう

こういった子は特にカットをすることはあまり勧めません。
もし、どうしてもカットしたいというときはアンダーコートを抜いてからカットしたほうがいいと思います。

ここでお話ししたことは、科学的根拠はありませんし、誰かに教えてもらった知識ではなく
たくさんの子をカットしてきたなかで、毛が生えてこなくなったり毛質が変わってしまった
ということを経験しなんでこうなるのかと自分なりに考え、こういう結論になりました。

今まで生えてこなくなった子・奇麗な毛が生えてこなくなった子、たくさん見てきてます。

カットしてしまった後で、愛犬のきれいなオーバーコートがちゃんと生えそろわず
元の姿に戻れなかったら、ショックではありませんか?

だから後悔する前に、よ~く考えてください。

ショップによっては短いカットを勧めるところもありますし、
獣医さんもカットが原因ではなく内分泌系の異常だと言われるかもしれませんので
なんとも言えませんが、私は本来あるべき姿を保つことが一番美しいと思います。

トリマーとしてあるまじき発言かもしれませんが、たくさんの経験をしてきて
カットすることよりも、あるがままの姿をよりきれいに仕上げるほうが大変だと思い始め、
それには飼い主さんの協力がなくてはかなわないことも実感しました。

日々のケアと食事管理。
きれいな被毛を保つにはこれに勝るものはないと思いますので、
愛犬の健康維持のためにもぜひおうちでのケアを頑張ってください。

※トリマーなのでカットに全否定ではないですよ~。
カットをお勧めできない子でもカットすることはあります。
ただお勧めできない理由を必ず話して、理解していただいてから、
なるべくそうならないようにアンダーコートをできるだけ抜いてからカットしています。
せれちゃんのおうちに新たな仲間が加わりました!

以前から、せれちゃんのためにももう1頭迎えたいと考えていたいぬ親さん。

でもせれちゃんの性格やテンション、体調などを考えると元気のいい若犬は難しい。

なかなか条件に合う子がおりませんでしたが、ついにいぬ親さんから
気になっているワンちゃんがいるとの連絡を頂き、即その預かりさんに連絡。

その子はまさに男の子版せれちゃんといった感じの子で、
お互いの性格も考え、トライアル開始しても問題ないだろうとのことで
そのままトライアル開始し、先日めでたく正式譲渡となりました♪

せれちゃんのおうちの子になったダディ君、10歳の男の子です。
26日
左がせれちゃん・右がダディ君
20日2プリント

いぬ親さんから幸せ報告届いてます。

ダディが来て賑やかになった我が家ですが、
せれも少し変わってきた様な気がします。

特にブログで紹介してあった生酵素を食事に加える様になってから、一段と元気が出て、
テンション高めになった気がします。
今朝、ダディを遊びに誘っているのを初めて見ました。(ダディは相手にしてくれなかったけど・・・)
長続きはしないけれど、よく1人(1匹)で家の中を走り回っている事があります。
そのあと息使いが荒くなるので、あまりはしゃぐ様ならストップをかけています。

せれとダディは予想通りまったく問題ありません。
お互いがマイペースで、散歩も行きたくない方向に向かう時は動こうとしません。

最近は私も慣れてきて上手くコントロール出来る様になりましたが、初めは抱き
上げたり引っ張ったりと結構大変でした。
だけど2匹ともホントに可愛くて、2匹の頭をなでなでしながらゴロゴロしてる時が私の至福の時間です。
幸せも2倍になったんですね。

ダディは体調を崩しやすい子ですが、一日でも長く、楽しく過ごせるように私も頑張りたいです。


いぬ親さんが、せれちゃんのことをとてもよく理解されているので、相性の合う子を見つけることができたんだと思います。

どちらも、シニアのわんこなので、体調管理など大変なことは多いようですが
せれちゃんのいぬ親さんでしたら、安心してお任せできます。

Mさん、これからもよろしくお願いいたします。
何か悩んだときは気軽にご相談くださいね^^
5日の土曜日、行ってきました~湘南ミニミニいぬ親会!

茅ケ崎にあるBOWWOWさんのお店をお借りしてのいぬ親会でしたが
11時始まりなのに、あろうことか着いたのが11時半!
参加わんこにエントリーしているおかもと家預かりわんこのゾフィさんを乗っけているというのに~><

9時に出れば大丈夫だろうと思って当日の朝携帯で東名の渋滞情報をチェックすると
東名川崎から大和のあたりまで真っ赤で×印(事故など)が4つも。
東名川崎ICの入り口手前に【秦野中井まで渋滞25km】の表示に
高速はあきらめ下の道路で行くことに。
でも東名が渋滞だから下の道も混みこみでちょろちょろしか進まず
もうすぐ着くって頃には運転手の私に腹痛の波が幾度となく襲い掛かり、若干冷や汗。
途中のセブンに助けられました><

そんなこんなの珍道中でついた頃には会場はすでに大盛況!
CIMG9812.jpg

CIMG9814b.jpg

CIMG9818.jpg
CIMG9815.jpg
CIMG9817.jpg
CIMG9822.jpg

大盛況ぶりが感じられない写真ですが、その理由はもう終わりの時に撮影したから・・・。
私はずっと店先にいたのですが、邪魔になるのであんまり動かないようにしてました。
一応、お手入れ相談という役で参加していたのですが、雑談してばかりで
何をしに行ったのやらって感じで、食べるもん食べ、もらうもんもらって終わっちゃいました^^;

私の店のお客様も遊びにきてくださったのですが、
「もう人がいっぱいでわんちゃんがみれなかった~」っておっしゃっていました。
それほどたくさんの方が足を運んでくださいました。
ありがとうございました~♪

何件かご縁が決まった子もいるようですが、結果はイベントブログをご連絡ください。

次回は9月20日の定例のいぬ親会です。
フリマグッズもたくさん販売しているのでシルバーウィークですが、遊びに来てください!
teiki_inuoyakai320x180.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。