上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pubcom2_320x180.jpg
バナーをクリックしていただくとちばわんのパブコメページに飛びます。
カプアンパパさん作成の意見提出書をプリントアウトしてFAXまたは郵送、もしくはいぬ親会にご持参下さい。
締め切りは12月7日水曜日必着です!

パブリックコメントに参加したいけど、お友達に参加してほしいけど
おうちにプリンターがない。パソコンがおうちにない。パソコンは苦手。という方は
携帯から送れる下記のサイトをご参考にして下さい。

公益財団法人どうぶつ基金さん作成の携帯からも送れるフォームです。
http://doubutukikin2010.blog58.fc2.com/blog-category-18.html
掲載からも送れるパブコメ
https://business.form-mailer.jp/fms/8c161fcd9934
https://business.form-mailer.jp/fms/ca38d39c10097
https://business.form-mailer.jp/fms/a06dd78710112
3つとも同じ内容ですが、混みあっている場合アクセスできない可能性があるので3つともご紹介しました。

動物たちは声を上げる事は出来ません。
捨てられたって、虐待されたって、人間を訴える事は出来ません。

逆に自分の身を守るために反撃したら、人間に害を与える危険な存在として殺処分されてしまいます。
動物たちが生きるか死ぬかは人間次第。

動物は一時的な人間の欲求を満たす道具ではありません。
今や常識が非常識に、非常識が常識となりつつある世の中で人間の本来持っている優しさや道徳観に任せたままでは一向に自体は変わらず、むしろ悪化していくことが懸念されます。

今回のパブコメには多頭飼育や動物虐待について、不妊手術のことや実験動物の事など
動物たちの今後のあり方についての意見が求められています。

この先、動物たちが人間とより良い関係を築けるように私たち人間が意見をしなければいけません。

動物たちと暮らすことで恩恵を受けている人はたくさんいると思います。

どうか動物たちに恩返しをする意味でも意見の提出をお願い致します。
スポンサーサイト
2011.11.25 黙らせる遊び
今朝は寒かったですね><

でも、寒いけど冬は空気が澄んでいて目に入る景色がキレイで気持ちがいいから好きです。
2011112509130000.jpg
車で信号待ちしていると遠くに雪をかぶった富士山がキレイに見えたので思わず携帯カメラで撮っちゃいましたが、画質が良くないのでキレイさがいまいち・・・。
でも朝から良い気分になったので、信号無視されて右折できなくてもそこまでイラつきませんでした。
(ちなみに信号無視したのは某大手の路線バスです。おいおい・・・)

さて本題。

レビンのお話です。

レビンはわんこ達と遊ぶ時、はっきり言ってうるさい!
遊びながらずっとワンワンワンワン。
本人は仲間に入って遊んでいる気でいるようですが、わんこ達にも煙たがられています^^;

だから余計に仲間に入れろとでも言っているかのように、ワンワンワンワン。

そこで黙らせる遊びを提案。

それは、ボロタオル綱引き☆
IMGP4698.jpg
お相手はサニーちゃん♪
IMGP4701.jpg
吠えるとタオルを離してしまうので吠えられません。
IMGP4702.jpg
しかもサニーは力が強いので、一生懸命引っ張っても
IMGP4703.jpg
すぐ引き戻されます。
IMGP4707.jpg
だからぼくちん必死です。

サニーのほうが体重は若干軽いのですが、足の長さが勝っているので踏ん張った時負けます。
レビンちゃん足短い上に足は細めで小さいんだよね。

この遊びだとウーウー言うぐらいで、静かなのですが、ボロタオルだけにビリビリっと破れ音が。
見ているところじゃないと遊ばせられません。

ちなみにレビンは一人遊びも得意です。
一人遊びの時は吠えないので静かですよ~。
レビンは1頭飼いが良いのか先住犬がいたほうが良いのか・・・
まっレビンは1頭でも十分楽しめるので、1頭飼いのほうが良いのかな?
先住犬がいる場合は多少気の強い姐さん系のわんこのほうがよさそうです。

レビンもサニーもちばわんで新しい家族を待ちわびています。
レビンは成犬オスのページにサニーは成犬メスのページにプロフィールが掲載されています。
昨日はお天気も暖かい気候の元、定例いぬ親会に参加してきました~。


前回予想に反しておりこうさんだったレビンですが、2回目という事もあり、
またサニーも一緒ということもあってか、ちょ~うるさかった!

マスクはいらないかな?と思ったけど持って行って良かった。
途中マスクマンにも変身しました・・・。

サニーは、私が他の預かりわんこのケアがあるので、はなへいママさんに面倒をお願いしてましたが
レビンのうるさい声で遠くに居るサニーが気になって落ち着かないので結局お互いそばで参加しました。

そして、はなへいママさんとパパさんにレビンとサニー2頭の面倒を見ていただく事に。
というか、サニーというよりほとんどレビンの面倒を見ていただいた事のほうが多かったような^^;
遠くで犬が鳴いてりゃ~「おれが行くぜ!」と張り切るレビンを引き戻してくれたり
子犬ちゃん同士の遊びに本気で参加しようとするレビンを「レビンは入れないの」となだめてくれたり・・・

はなへいママさん・パパさん、ありがとうございました~!
そして、ホントご迷惑をお掛けしました^^;

肝心のカメラを忘れてしまって、写真は撮れませんでした><(今気が付いた、携帯カメラで撮れば良かったことを・・・)

唯一サニーの写真だけははなへいさんに撮っていただきました。
何から何まではなへいさんありがとうございます。
sunny.jpg
きゃ~可愛い~♪
初めてのいぬ親会は緊張して愛想なし子さんのサニーでしたが他のわんちゃんと遊んだりとっても楽しそうでした。

レビンもサニーもお声もかからずご縁はありませんでしたが、サニーはたくさんの方にいい子いい子してもらったみたいでありがとうございました~。

レビンは、笑いの種になってました^^;
「あの子マスクしてる~」とか・・・「あの犬何やってるの~」とか・・・
まっ笑ってもらって何よりですが・・・。

さてさて、いぬ親会会場ではパブリックコメントの受付をしてました。
私はカプアンパパさんが作成してくれた【意見提出用紙】に記入して提出してきました。
意見提出用紙はこちらのページに載っています。

意見提出用紙は役所の分かりづらい言い回しを分かりやすく箇条書きにしてくれてあり、賛成か反対にチェックすればよいようになってます。分からない項目はチェックしなくてもOK。
プラス意見したい場合は項目の番号を書いてその他の意見スペースに書き添えれば良い形式です。

それでもやっぱり日本人特有のあいまいな表現に惑わされそうなので、よ~く読む必要があります。

例えば【多頭飼育の適正化】の
・届け出の対象となる頭数の目安を10~20頭にする。
・10~20頭を届け出の基準とするかどうかは一概には言えない。

まず10~20頭って幅がありすぎ!
人によっては10頭ぐらいだったらいいんじゃない?と思って賛成にする人もいるかもしれませんがそうしたら20頭もOKという解釈になる。
また、届出の基準とするかは一概に言えない、ってなんてまわりくどい。
だったら20頭では届出の基準にはしないってすれば分かりやすいのに。

次に【犬猫の不妊去勢の義務化】の
・犬猫販売業者による説明などによって適正な繁殖を飼い主に啓発する
・自治体が里親希望者に譲渡する犬猫に対して不妊去勢を推進すべき

適正な繁殖って、なに?肝心な部分が書かれていないし・・・。
しかも販売業者が飼い主の「この子の子犬が見てみたい」「女の子だから出産させてあげたい」
という気持ちを利用して、愛犬に子犬を産ませることを勧めて、生まれた子犬の内1頭は飼い主さんが飼い
残りの子達は販売業者が引き取り、販売して儲ける。
そういう構図もあるのに適正な繁殖をアドバイスするわけがない。

里親希望者に譲渡する犬猫に対して不妊手術を推進すべき、という点も
推進ではなく、強制すべきにしなければ、意味がないと思う。
推進するだけで終わってしまったら、手術しないし、生まれた子犬はまたセンターに戻ってくる
ということは富里のセンターでもよくあることです。

こういう感じで、よく読まずに賛成や反対にチェックしてしまうと、
いいように解釈される可能性があるので、どちらにともいえない場合はチェックをしないか
その他の意見のところに書き加えることをお勧めします。

皆さんの意見がしっかりと国に伝わるよう、ご協力をお願いいたします。
pubcom2_320x180.jpg
ペットシーツをまとめ買いしたのが、家に届いた。


ペットシーツを出すと、でっかい空箱が残る。邪魔だ・・・。


ネコが遊ぶかな~っと思って猫部屋に持っていくも・・・無視された・・・。
前の猫は段ボール箱見ると速攻で入ってびっくり箱ごっこで遊んでくれたのにな~。
(びっくり箱ごっことは箱に身を隠し、突然飛び出して脅かし、また隠れるというハラハラドキドキの遊び)

寂しいのでまた持ち帰ってきて、ふと思った・・・


これ・・・レビンがすっぽり入るかも?


悪魔がささやいた



そうだ!レビンを入れてみよう



他のわんこはヤバいと思って私から距離を置くなか

レビンは

あっさりつかまり


そして入れられた・・・

IMGP4656.jpg
レ:ぇ・・・えっ~と・・・なんで???

わぁ~レビンすっぽり入るね~

写真撮るんだから動かないで~、そのまま入ってじっとして~。

IMGP4657.jpg
レ:ぼくって・・・犬が良いよね・・・つくづくそう思う・・・


なぜかレビンにはこういう事をしたくなっちゃうんですよね~。
レビンは大概の事は受け入れてくれるし、ホントにいい子だな~♪



IMGP4665.jpg
レ:ぼく・・・遊ばれてるの?可愛がられてるの?


う~ん、どっちも☆
いじくって可愛がってるし、可愛いからいじりたくなるんだよ~♪


以上、段ボールの活用法でした^^


サニーちゃんの写真が少ない・・・。
別に写真が嫌いなわけではないけれど、目が合うと近づいてきちゃうので
なかなか撮れない。

ボツ写真の一例
IMGP4655.jpg
カメラを構えた途端に
サ:あ~遊んでくれるの~~~!
と小走りに寄ってきて、しゃがんで写真を撮ろうとした私にアタ~ック
転がった私になおも手を使って強引に遊びに引き込む・・・
結果こういう↑写真になってしまうのです^^;
かろうじて、他のわんこが黒だから消去法でサニーだと分かるが・・・ひどい写真です><


とりあえず、何とかサニーちゃんの形や表情が分かる写真をテーマにこだわらずご紹介します。
IMGP4651.jpg
サ:ピーピーおもちゃ・・・怖いの・・・。
サニーちゃん、高い音や大きい音、物を叩く音などが苦手。
しっぽ下がって耳がへた~っとなって固まっていたら何か嫌な事があった時。
固まっているので写真が撮れた・・・という1枚。

IMGP4654.jpg
サ:近づきたいけど、近づけない・・・
ベッドでソニちゃんと可愛く寝ているところを撮ろうとカメラを構えた瞬間、喜んで近づいてきたサニーを
これ以上近づかないよう阻止することに成功したため撮れた1枚。
本犬は耳ペッタンして私と遊びたいのに前に進めず、何とももどかしいという心境でしょうかね^m^

つづいては、お父ちゃんに甘える2連発
IMGP4667.jpg
サ:ねぇねぇTV見ないで、あたし~あたしをみて~~~!
強引に視界をふさぎ実力行使という得意技を披露しているところを撮った1枚。
正面から撮りたかったが、正面からだと私のところへくる可能性があったので横向きでご勘弁。

IMGP4650b.jpg
サ:口の中に何か入っているでしょ~みせて~みせて~
食後のアイスを食べたお父ちゃんの口の中をしつこく狙うサニーちゃん・・・。
可愛いけど、しつこいです^^;

最後は車内でのサニーちゃん。
IMGP4652.jpg
サ:レビンがピーピーキャーキャーうるさいの・・・
IMGP4653.jpg
サ:ソニちゃんはちょっと踏むだけで怒るんだよ

サニーちゃん、最初は車に乗ると滝のようなよだれでビショビショになってました^^;
でも、構わず毎日乗せていたらすぐに車に酔わなくなりました^^
たぶん車に乗るコツをソニお姉さんに教えてもらったのでしょう・・・ときにお叱りをうけながら。


サニーちゃん、毎日いろんな表情と行動で楽しませてくれる飽きさせないわんこですよ~。

そんなサニーちゃんも11月20日の篠崎いぬ親会にエントリーしています♪
サニーちゃんに近づいた時は前足アタックにお気を付け下さい^-^


IMGP4631.jpg
レ:朝晩、だいぶ冷えてきましたがいかがお過ごしでしょうか?

IMGP4634.jpg
レ:ぼくはこう見えても寒がりなんです。あ~さぶさぶ

IMGP4638.jpg
レ:そんなぼくをあたためてくださるかた募集中です。


そんなレビンですが、いろいろありましたのでプロフィールを更新しました。
超音波検査で胆泥ということが分かった、という事は以前お話ししましたが
(その時の記事はこちら)

実はその後、ちょっとした事がありました。

26日水曜日の夜のお散歩から帰ってきて玄関にたどり着いたとき、レビンの様子がちょっと変?って思いました。
いつもお座りして足ふきの順番待ちをするのに、伏せして待ったいたレビン。
散歩はいつもより短距離でしたし、犬猫に会うこともなくいつもより疲れる要素はなかったのですが
どうしたんだ?と思いましたが足ふきを終えると普通に歩いて部屋の中へ入ったので、
気のせいか・・?と思ったのもつかの間
いつも真っ先に水を飲みに行くはずがベッドでまた伏せしてる。

一気に嫌な予感が体中に巡り、とりあえず歯ぐきを見たら・・・真っ白・・・。
目もうつろで、自力では立てず、立たせてもくた~っとなって、伏せる。

これは確実にヤバいと思った瞬間、かかりつけの病院に電話してました。
連絡がつかなければ夜間病院に行くつもりでいましたが、幸い連絡がつき
夜遅い時間にもかかわらず、診ていただくことに。

病院へ向かう道中に、少しずつ体力が入るようになり
先生に診てもらう頃には、だいぶ歯ぐきの血色も戻っていました。

歯茎が真っ白になったのを見た時は「ヤバい、死ぬかも」なんて思って若干泣きそうなのをこらえて
電話してしまいましたが、治療をしてもらい、焦って電話をしてから1時間もしないでレビンは普通に戻りました。

中途半端な知識があるとこういう時ダメですね><

おそらくフィラリアの影響による心臓発作だろうとのことでしたので
後日、胸部のレントゲンを撮りました。

心臓も肺もフィラリアによる影響は出ているものの、大量にフィラリアが寄生しているわけでもなく
今スグ治療が必要なほどではありませんでした。
寄生しているフィラリアが動いたことにより、一時的なショック状態になったようですが
これはフィラリアに寄生している子なら寄生している数に関係なく誰にでも起こる事ですし
レビンが特別心臓が弱かったり、ダメージを受けているわけではありません。

このところの気温差などの気候の影響もあるかもしれませんが、出来るだけ激しい運動は控えめにして
お水はいつでもたくさん飲めるようにしています。

レビンはお調子者ゆえに、たぶん無理してしまうところもあるんだと思います。
おそらく心臓発作起こした日も散歩行く前からちょっと変だと自分では感じていたはず。
でも、お散歩行きたい気持ちが勝ってその違和感を隠して頑張ったのでしょう。

それ以来、しょっちゅう歯ぐきの血色チェックをしたり、目をみたりして
出来るだけ違和感のサインを見逃さないようにしています。

フィラリアって、少量なら普通のこと変わらないように思っていましたが浅はかでした・・・。

当たり前ですが、異物が体の中に住み着いているわけですから平気なわけがありませんよね。

分かっているつもりでしたが、改めてフィラリアの恐ろしさを思い知らされました。


そんなこんなで、このところ病院に行くことが多いレビンですが
本犬はいたって普通ですのでご安心ください。

11月20日のいぬ親会にもサニーとも度も参加予定ですので、ぜひ会いに来て下さい。

11月20日のいぬ親会の詳しく情報はちばわんイベントブログをご覧くださいませ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。