上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ショーケースに並べられた可愛い子犬たち。

一見すると元気だし、健康そうに見える。

でも、その子犬たちがどういうところで生まれているか、本当に知っていますか?

ちばわんでは先日からブリーダー崩壊現場のレスキューを行なっています。
その記録ブログを立ち上げましたので、どうかこの現実を広めてください。
a0231228_14392421.jpg
バナーをクリックすると詳細ブログが見られます。

a0231228_2145971.jpg
a0231228_21451172.jpg
a0231228_21451528.jpg
写真はMDたち30頭レスキュー(ちばわん活動記録ブログ)より転用
疥癬に感染し、骨と皮になり、目がない子も・・・。

子犬を売るために犠牲になり、苦しみ死んでいく子たちが後を絶ちません。

店頭での生体販売そのものがなくなれば
犠牲になる子は多少減ると思います。

ネットで生体販売できなくなれば
犠牲になる子はもっと減ると思います。

どうして犠牲になる子が後を絶たないのか?
どんなにひどい方法で繁殖していても、消費者は子犬だけしか見ていない構図が
より多くの犠牲を生んでいます。

犬と暮らしたい、あの犬種を飼いたい
そう思ったとき選択肢として子犬だけを見て購入する方法を除外していただければ
金儲けのために生かされている子達は必然的に減ります。

どうか広めて欲しい。
犬が好き・動物が好きなのに、知らないことが多くの犠牲を生み出すことを。

そして国にご意見を寄せてください。
pubcom2011_320x180.jpg

よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://wannyago.blog28.fc2.com/tb.php/364-c95c7d37
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。