FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日大阪でネットで子犬を販売していた女が逮捕されました。
家の中には160頭ものダックスやMIXと思われるわんこがガリガリの状態で発見され
17頭の死骸も発見されたとニュースでやっていました。
記事はこちら
女は「犬は家族だから譲渡できなかった、餌は与えないことはなかった」と警察に話していたとのこと。
譲渡できなかったではなく金儲けで繁殖したけど売れなかったんでしょ?

犬たちをひどい目に合わせてもなお、こんな事を言うようではどんな刑が下ろうと反省しないでしょう。
しかもいまだに犬たちの所有を放棄していないようです。
きっと他の業者に売ろうと思っているんでしょうね。

日本ではニュースに取り上げられないだけで日本全国でこういうことは起きています。

だって考えてみて下さい。

ペットショップ行けば常に子犬が居るんですよ?
いつ行っても何十頭もの子犬が居るんですよ?
それだけの頭数を消費者にお見せするには、相当数の業者が常に供給できるように
生ませているんです。

アメリカではそんな業者をパピーミル(子犬生産工場)と言っています。

アメリカでも日本同様そういう業者の被害に遭っている子たちがたくさんいます。

そんなパピーミルの現状の動画がありますのでご覧ください。
(英語ですが映像を見ているだけでも現状は把握できると思います。
残虐な映像はありませんのでご安心ください)

Big Tree For AnimalsさんのHPには日本語訳が載っていますので英語が分からない方はぜひご覧ください。
パピーミル(仔犬工場)からレスキューされたチワワのビリーのハッピーエンディング

犬を買うって言うことにもっと違和感を感じてほしい。
そして、何でこんなに子犬が居るんだろうと、生体販売されているショップで疑問に思ってほしい。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://wannyago.blog28.fc2.com/tb.php/481-07974ab6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。