FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
noslogan320x180.jpg
バナーをクリックするとfacebookページに飛びます。
facebookに登録していない方でもご覧になれます。

この運動をしようと決意するまで、実は「どこかで誰かがやらないかな~」って思ってました。
自分がやらなくてもいつか誰かがやるだろうって。

私以外にももっと発信力がある人にやってもらったほうがもっともっとインパクトがあるんだろうけど
とりあえずやらないよりはやってみようって思って動き出しました。

そしていろんな方のご協力によりスローガンも集まりだしました。
ご協力いただいた皆様ありがとうございます!

そんな中、こんな意見をいただきました。

「以前から、子犬を買うより保護犬をもらいたいと愛護団体に申し込みしたら
あなたには犬を飼うのは無理と突っぱねられました。
しかたがないので愛護団体から譲り受けるのはあきらめ
近所で生まれた子犬を譲り受けました。

他にも、知人が譲渡会に行ったら
あなたにはこの子は無理ねと、理由もなく断られ
その人は結局ペットショップで買ったそうです。

飼う側の意識を変えることも必要ですが譲る側の愛護団体も
歩み寄らなければ結局みんなショップで買ってしまいます。
どうかこの点も変えていけるように頑張って下さい。」


確かにそうですね。
私の知人も実はこのケースに当てはまります・・・。
私が預かりボラをしている事も知っていて保護犬が良い子なのも見てきてます。
しかし
「愛護団体のHPとか見たけど共働きはダメとか留守番ある場合はダメ
60歳以上はダメって書いてあって、うちはどれも当てはまるから
無理だと思って諦めたわ・・・。」と
展示販売ではないけど自家繁殖直売所・・・っていう
触れ込みのところで購入されました・・・。
※自家繁殖直売所は野菜直売所のように生産者が作っているので安心で安いって言う
イメージを持たれるかもしれませんが、市場で仕入れていた業者が
コスト削減で自分のところで繁殖した子でまた繁殖させて売っているだけで
まじめなブリーダーではありません。

以前から動物愛護団体に対してのイメージは
「審査が厳しい」「なんか怖い」「いろいろ聞かれるから嫌だ」など
なんか近寄りがたいというイメージを持たれている事が多いと思います。

また、逆に
保護犬=タダでもらえる 譲渡会=その場で持って帰れる
という知らないがゆえにハードルが低すぎるイメージを持たれているケースもあり
両極なところが現状のような気がします。

ただ、どちらも知らないがゆえのイメージだと思いますので
後は愛護団体がこういうイメージを持たれてこられた方へ
どのような対応するかによりイメージは変えられる事もあると思います。

例えば、譲渡会に来た人が「この子タダでもらえるんですか?」と聞かれた場合
多くの保護主さんは不快に思う、またはこの人は譲渡に値しない、と考え
「タダじゃ渡せません」と言うような口調で対応しちゃうと
「なんだよ!せっかくもらってやろうと思ったのに!こんな思いするなら
ペットショップいって金払って買ったほうがいいな!」

こんな結果になる事が予想されます・・・。
こんな人に飼われないほうが犬のためって思うかもしれませんが
そんなことは誠心誠意お話してみなければ分かりません。

どんなに理不尽な事を聞かれても保護主さんがグッとこらえ
「この子たちを助けるために医療費がかかっているので、今後も多くの命を救うため
医療費のご協力をお願しているので無料ではないんですよ~^^
どういった子をお探しか、ご相談に乗りますから何でも聞いて下さいね♪」
と対応すれば、少なくとも「何だよ!」ってことにはならないと思います。

私も以前、希望者さまを不快な気持ちにさせてしまい
怒らせてしまった事があります。


相手の気持ちになって考えればもっと違う対応ができたはずなのに
その時は保護犬の事だけしか考えていなかったので、怒らせる結果になったと思い
それ以降は、保護犬の事を第一に考えるだけでなく、希望者の方がどんな気持ちで
申し込んできたのか、と言う事を考え対応するようにしています。

預かりさんたちの多くは信じて渡したいぬ親さんに裏切られた経験などもあり
人間不信になっている方も多いので、精神的に大変なのが現状ですが
話せば理解してくれる人がいることも事実ですし、最初は愛護団体に不信感持っていた人が
今は預かりをしているケースもあります。

最初から何もかも理解して保護犬を求めるかただけではないですし
何にも知らないけど、今まで犬は近所で生まれた子をもらって来てたので
犬は買うのではなく、もらうものだと思って譲渡会に来る方もおられます。

その人が発した言葉で勝手に決め付けるのではなく
保護犬に興味をもたれた方は【保護犬の魅力を知ってもらえるお客様】
となれば、その方を【店で犬を買う】から遠ざける事ができ
結果、保護犬を迎えようと思う方も増えて行くと思います。

だから、ご意見をいただいた事で
生体販売をなくすには飼う側の意識改革だけではなく
譲渡する側の意識改革も必要だな~とつくづく思いました。

ご意見を下さった匿名様ありがとうございました!

ということで
みんなで変わることで変えよう!って感じの
買う・飼う側だけに訴えかけるのではなくみんな変わろうっていうのも
よいのかな~って思いました^^

スローガンだけではなくご意見でも構いませんのでどんどんお寄せ下さい。
bloom.com☆sunny.ocn.ne.jpまでお願いします。
☆を@に変えてメールをお送り下さい。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://wannyago.blog28.fc2.com/tb.php/488-61a40bf9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。