上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.07.03 別れ
久しぶりの投稿が別れの報告ですいません・・・。

6月28日 7年前に譲渡したシェルティのステラが息を引き取りました。

ステラは8年前劣悪な繁殖場から救い出した。
この現場に着手してから半年後、ようやく救い出せた子でした。

およそ6年間檻のなかでペットショップに並べる仔犬を産み続けた。
歯は抜け落ち、身体中に長年の糞尿が絡み付き石のように重たくなったものをぶる下げていた。
後ろ足の筋肉はなくまともに歩けない。
檻の中だけの生活から解放されたのに、長年の癖は抜けない 。水は少ししか飲まずおしっこを出来るだけ我慢する。
もう、糞尿まみれになることはないのに、癖は抜けない。

長くは生きられないと思った。
わずかな時間でも人と暮らす楽しさ、人に愛され大事にしてもらえる喜びを感じてもらえればと思った。

あれから7年半。
まさかこんなに長く生きられるとは思わなかった。
譲渡してから大事に大事に育てられ、最期まで家族みんなに囲まれ、生涯を閉じた。

IMG_1520.jpg


亡くなる2日前、水も飲もうとしなくなった。と電話をもらった。
次の日仕事を終えて会いに行った。
もう目を開けることも立ち上がることも出来ないけど、驚くほどキレイでさらさらな毛に包まれ、涙が止めどなく溢れた。

こんなに大事にしてもらって、こんなに愛されて、良かったねと身体をさすると呼吸が早くなり口をパクパクさせていた。

次の日日曜日。
家族みんなに見守られ、旅立つことができた。

dQRSRJ3OJK6SXnBlJDPVrIha22nR3JKsExqOCOvqihA,1UhJ6ai8lBOxVW_YMiJMRzH6FicCq2-E1AXmU-S6q88,AS88GN8gLf9E1naXcMw7qQ6dFAS5uGmT-VvcDDdkOBU,dH6CSvt_wKIl5F_Bh7_3FDaH7dAtE9vUxil0itRs-AE

旅行も一緒でいろんなところへ家族といくことができた。
お散歩すれば、いろんな人がきれいな子ねと声をかけてきてくれた。

あの時。
救い出すのが1年遅れていたら・・・
ステラは誰にも見送られることなく
長い被毛を、風でなびかせることもなく
生涯を閉じていたかもしれません。

わずかなタイミングでステラは残りの犬生を犬として、家族として人と過ごす喜びを知ることができた。

最期、あんなにキレイな姿で生涯を閉じれたことにステラはもちろん、私もすごくうれしくて感謝しかなかった。

ただただ、感謝しかなかった。

IMG_1126.jpg
だから、私以上にステラはもっともっと家族に感謝しています。

ステラはいろんなものを残してくれましたが最期に大きなものを残し去っていきました。
いつかそれが多くの人の目に触れることと思います。
(その時が来たらご報告いたします)

ステラ、ありがとう!
また、いつか会える日を待ってるよ。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://wannyago.blog28.fc2.com/tb.php/541-8806cd04
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。